韋駄天治療室について

鍼灸マッサージの適応症について

☆WHO(世界保健機構)で定められている鍼の適応症 – 41疾患
頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、メニエール氏病、白内障、急性結膜炎、近視、中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎、感冒、急性扁桃炎、歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、急性咽頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎、胃酸過多症、胃下垂、麻痺性イレウス、慢性・急性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺、末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症

☆その他、鍼灸マッサージの適応症となるもの
【運動器系】
慢性関節リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、膝関節痛、全身性筋肉痛、外傷性神経症、書痙、痙性斜頚、チック、脊椎過敏症など

【神経系 】
頭痛、筋緊張性頭痛、自律神経失調症、神経痛、神経麻痺、脳卒中後遺症、不眠など

【循環器系 】
本態性高血圧症、本態性低血圧症、神経性狭心症、不整脈の一部、動悸、息切れ、心臓神経症など

【呼吸器系 】
気管支喘息、過呼吸症候群、神経性咳嗽、風邪による諸症状の緩和など

【内分泌代謝系 】
肥満症、糖尿病、心因性大飲症、甲状腺機能亢進症、脚気、痛風、貧血など

【消化器系 】
消化性胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性大腸症候群、下痢便秘症、神経性嘔吐症、腹部膨満症、呑気症、神経性食思不振症、痔疾など

【生殖・泌尿器系 】
腎炎、夜尿症、過敏性膀胱、など

【皮膚系】
神経性皮膚炎、皮膚掻痒症、湿疹、円形脱毛症、多汗症、慢性蕁麻疹など

【耳鼻咽喉科系 】
メニエール症候群、咽喉頭部異物感症、難聴、耳鳴り、乗り物酔い、嗄声、失声、吃音など

【眼科系 】
原発性緑内障、老人性白内障、眼精疲労(疲れ目・ドライアイ等)、眼瞼痙攣など

【婦人科系】
月経痛、無月経、不妊症、更年期障害など

【小児科系 】
小児疳の虫、夜尿症、夜驚症、腺病質、アレルギー、小児消化不良症など

【その他 】
臀部・腰部・手足の冷え、肩凝り、のぼせ、不眠等の不定愁訴など

※治療効果に関しては同じ症状や適応症でも体格:体型:体質:気質:性別:年齢:
既往歴:運動暦:飲食歴などにより個人差が出ることがあります。

※鍼灸マッサージの治療効果として
  1.痛みを緩和する
  2.血液循環を良くする
  3.内臓の働きを調整する
  4.免疫力を高める
鍼灸マッサージの治療効果は、全身を生理的状態に回復させることで次の作用があります。

  (1)興奮作用
病的に機能の減退している神経、筋肉に対してマッサージを行ない、興奮性を高め、機能の回復をはかります。例えば、運動神経麻痺、知覚減退などに対して効果的です。

  (2)鎮静作用
1.とは逆に、病的に機能の昂進している神経や筋肉に対してマッサージを行ない、興奮性を減退させ、鎮静をはかる作用です。例えば、神経痛、けいれん、筋肉の凝り、知覚過敏などに対して効果的です。

  (3)反射作用
病巣から遠く離れた場所にマッサージを行い、整体の反射機能を利用して、神経や筋肉、内臓などに刺激を与え、その機能の調整をはかる作用です。

例えば、内臓に異常があると、神経を介して、その反応が特定の部位(皮膚や筋肉など)にしばしば異常な変化(知覚過敏、筋肉の凝り、圧痛など)を表します。

これらの反応部位にマッサージを行なって、凝りや痛みなどが緩解または、除去されるのに伴って、神経を介して、内臓の異常、病的症状も軽減されていくのです。例えば、喘息の時には肩甲骨の間のマッサージが効果的ですし、神経性胃痛の時には、背中のマッサージが効果的です。また、便秘の時の腰のマッサージも非常に効果的です。

  (4)誘導作用
病巣の発赤や腫張が激しく、直接患部の治療ができない場合に、その部より体の中心部にマッサージを行なって、血液やリンパの流れを促進して、患部の出血や病的滲出物を誘導し、排出します。例えば、膝の関節の腫れには太腿にマッサージを行ないます。また、足関節の腫れに対しては、すねやふくらはぎ、太腿のマッサージを行ないます。

  (5)矯正作用
関節の拘縮などで、正常な関節の運動範囲が制限された場合に、身体の形態的な異常を、正常な形態に戻し、それによって機能の回復をはかります。捻挫、脱臼、骨折の後などに残る関節の拘縮などに応用します。

Return Top